倦怠期は距離を置くと解決できる!その理由と正しい距離の置き方5つ

Feelフィール

こんばんは!tekawoです。

この記事では 倦怠期になって距離を置くことが、なぜいいのか理由を解説し、正しい5つの距離の置き方について紹介していきます。

 

あなたは倦怠期になったとき、どのような対応をしますか。

必死にデートのプランを考えたり、彼女にプレゼントを贈ったりすると思います。

彼女との関係を良くしたいと思うからこその行動ですね。

涙ぐましいですが、実はあまり効果がありません。

あなたが倦怠期を乗りこえようと頑張っても、その頑張りが間違いなら、いずれ別れてしまいます。

そこで実践してほしいことが、彼女とあえて距離を置くことです。

この記事を読むことで、 倦怠期になって距離を置くことがなぜいいのかと、正しい距離の置き方が分かり、実践すると倦怠期を乗りこえることができます。

 

1. 倦怠期になったら距離を置こう!その理由は?

倦怠期になって、なぜ距離を置くのか。

心も体も離れて、別れに近づくんじゃないかと、不安になると思います。

でも安心してください。

距離を置くことは、倦怠期を乗りこえるのに、最も効果的です。

次の項目では、倦怠期になって距離を置くことの、何が良いのか具体的に解説していきます。

 

1.1 適度な距離感になるから

今まで会いすぎていた。連絡を取り過ぎていた。

これらが原因で倦怠期になっていて、いざ距離を置いてみると、今までお互いに会いすぎていたことに気づきます。

相手のことばかり考えていては、すぐに飽きます。

距離を置いて、お互いに付き合っていて 適度な距離感がわかれば、今までよりも良い関係が築いていけます。

 

1.2 相手の大切さがわかる

倦怠期になって距離を置くと、 相手の大切さがわかります。

あなたが彼女に飽きてしまって、会うことすら嫌になってしまっても、ある程度の期間が空くと、彼女がいかに自分にとって大切なのか実感できるでしょう。

僕も倦怠期になった経験がありますが、本当に会うことが苦痛になりますよね。

あんなに大好きだったのに、なぜだろうと自分でも思い詰めていました。

でもお互い話し合って、距離を置くことに決めて、しばらく経つと彼女に会いたくなったのです。

会わないことで、今何してるかなと彼女のことを考えるようになり、 彼女の大切さが身に染みてわかるようになります。

 

1.3 新鮮さが増す

倦怠期になって、距離を置くと決めてから再び会うと、 新鮮さが増します。

新鮮さが増すと、彼女と会うことがとても楽しくなり、付き合いたてのカップルのようになるんです。

正しい方法で距離を置いた場合の話になりますが、実際に僕も距離を置いて再び会ったとき、彼女がとても魅力的に見えて、好きなんだなと改めて思うことができました。

 

Feelフィール

2. 正しい距離の置き方

距離を置くと、倦怠期を解決できる理由が理解できたと思います。

あなたと彼女が、倦怠期の状態から、より良い関係になるために、距離を置くことはとても大切なのです。

ただ距離を置くときの、注意点がいくつかあります。

次の項目では、 正しい距離の置き方について詳しく解説していきます。

 

2.1 関係を良くしたいから距離を置くことを伝える

距離を置くとき、 関係を良くしたいから距離を置こうと伝えてからにしましょう。

この一言があるのとないのとでは、彼女が受けとる印象も大きく変わってきます。

例えば「○○と昔みたいに戻りたいから、少し距離を置かないか?」みたいに、彼女との未来を考えて、距離を置くことを伝えなければいけません。

もし倦怠期になっていて、距離を置こうと考えているなら、 必ず関係を良くしたいという気持ちを彼女に見せつけるようにしましょう。

 

2.2 距離を置いてもたまには連絡を取る

彼女と 距離を置いてもたまには連絡を取りましょう。

距離を置いたときにやりがちなのが、一切連絡を取らなくなることです。

休みの日さえも一切連絡しなくなると、本当に別れることになります。

距離を置くこと = 彼女と関わらない

ということではないのです。

最低でも週一回は、電話やSNSでコミュニケーションを取りましょう。

 

2.3 自分を変えるために努力する

彼女と距離を置いて、あなたがやるべきことは、 自分を変えるために努力することです。

あなた自身に変化がなく、彼女が飽きてしまったことが、倦怠期になった原因の1つと考えられます。

 

  • 髪型
  • 体型
  • 服装
  • 会話
  • デート

 

これらが変わりばえしなかったら、彼女はあなたと一緒にいても、楽しくないと感じてしまいます。

自分で変わろうとする努力をすることで、距離を置いていて次に会ったとき、彼女に自分の変わった姿をアピールできて、倦怠期を乗りこえられます。

 

2.4 月1回は最低でも会う

倦怠期で距離を置いていても、 月1回は最低でも会いましょう。

距離を置いていると、お互いのことを考える時間が、自然と減っていきます。

すると1か月に一度も会わないなんてこともあり得ます。

だから距離を置いていたとしても、月に一度は会わないと、そのまま自然消滅なんてこともあるんです。

 

2.5 距離を置く期間を決める

距離を置く期間を決めると、倦怠期を乗り越えられます。

期間を決めることで、その間はお互いの関係を見つめ直す、冷却期間になり、相手のことが好きで大切な存在かどうか、判断することができます。

特に付き合いが長く、結婚するかもしれない相手と、倦怠期になったとき、本当に結婚してもいい相手かどうか、じっくり見定められて、リミットも決まっているので、確実に答えが出せます。

距離を置く期間は、だいたい1か月くらいがいいでしょう。

1か月なら彼女のことを忘れませんし、まだ相手への愛情は薄れません。

 

3. まとめ

いかがでした。

倦怠期のときに距離を置くことの重要さが理解できたでしょうか?

 

倦怠期になったときの距離の置き方5選
  • 関係を良くしたいから距離を置くことを伝える
  • 距離を置いてもたまには連絡する
  • 自分を変えるために努力する
  • 月1回は最低でも会う
  • 距離を置く期間を決める

 

 

彼女と倦怠期になってもこの5つを実践することで、昔のような関係に戻れます。

ぜひ試してみたください。

 

倦怠期を予防して、ずっと仲良しでいたいなら読みましょう!

Feelフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。