倦怠期を話し合いで解消する。会話の流れ5選!

Feelフィール

こんばんは!tekawoです。

この記事では 倦怠期を話し合いで解決する、会話の流れ5選について解説していきます。

 

「彼女と倦怠期になってしまった…」

付き合いはじめはすごく仲が良かったのに、今では口も聞かない。

せっかく好きな女性と付き合えたのに、こんな状態では楽しくないですよね。

倦怠期になってしまうと、今までの楽しさが嘘みたいに、相手に飽きたり、自分が飽きられたりします。

最悪の場合、倦怠期が原因で別れてしまうなんてこともあるんです。

だからこそ、倦怠期についてカップルで話し合い、別れるという最悪の状況を脱しましょう。

この記事を読むことで、 倦怠期を解決できる話し合いの流れを学べ、実践すると倦怠期を解消できます。

1. 倦怠期を話し合いで解決する方法

倦怠期を話し合いで解決するには、いくつかポイントがあります。

このポイントさえ覚えておくと、スムーズに倦怠期の解決まで導けます。

 

  • 倦怠期が嫌だとハッキリ伝える
  • 自分たちがなぜ倦怠期になっているか話し合う
  • 彼女に共感し否定しない
  • 自分が至らなかったところ謝罪する
  • 未来の話をする

 

この流れで倦怠期について話していけば、彼女との関係を改善できます。

次の項目では、倦怠期を話し合いで解決する方法の具体的な内容を、紹介していくので、一緒に確認していきましょう。

 

注意

もし彼女の意見に納得できなくて、怒ってしまうとケンカになり、さらに関係が悪化します。怒りそうになったら、心の中で6秒間数えましょう。この6秒間というのは、怒り乗りこえるピークが6秒間で、それを超えると怒りをコントロールしやすいからです。アンガーマネジメントと呼ばれる、怒りをコントロールするテクニックなので、怒り出しそうなときはお試しあれ!

怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

 

1.1 倦怠期が嫌だとハッキリ伝える

倦怠期が嫌だとハッキリ伝えることは、話し合いの導入として一番最初にやるべきことです。

お互いに倦怠期になっていると分かっていても、ちゃんと向き合わなかったり、ダラダラと付き合い続けていたりします。

だから倦怠期が嫌だと、あなたがハッキリ伝えることが、 倦怠期に向き合う機会になるのです。

 

1.2 倦怠期の原因について話し合う

倦怠期の原因について話し合うことは、倦怠期を解消するために欠かせません。

なぜ倦怠期になっているのか分かると、その原因を解決すれば、倦怠期を解消できます。

話し合いをうまく進めるコツは、どんなときに退屈だなと感じたかを追求していくことです。

一緒にいて退屈、飽きたと思ってしまうと、倦怠期になってしまいます。

倦怠期になっている原因を話し合うのは、 現実と向き合うので辛いと思いますが、避けては通れないので、心して話し合いに挑んでください。

 

1.3 彼女に共感し否定しない

倦怠期について話し合っているとき、 彼女に共感し否定しないことが大切です。

話をしていると、彼女が感情的になり、話し合いにならない場合があります。

そうならないために、共感し否定しないことで、話がうまく進むでしょう。

でも共感って、どんな返答が正解なの?

と思いませんか。

簡単な方法として、例えば「ずっと家デートが続いてさすがに嫌だったの」と彼女に言われたら、「そうだよね、ずっと家デートは嫌だよね。ごめんね」と、彼女が言ったことに対して、 オウム返しすると共感しているように、彼女に聞こえます。

あなたの気持ちも、彼女に共感しようと本気で思っていたら、オウム返しとともに表情も真剣なものになり、より彼女に倦怠期を解消したいという思いが伝わります。

 

1.4 自分がダメだったところを謝罪する

自分がダメだったところを謝罪することは、倦怠期を解消するためには、やっておかないといけません。

倦怠期になっているのは、お互いに原因があると思います。

そこで彼女に「A子の○○が倦怠期の原因になっていたと思う」など指摘するのではなく、自分がダメだったところを謝罪しましょう。

謝罪してからじゃないと、もとの関係に戻ることは考えにくいです。

 

1.5 未来の話をする

今までの流れを実践すると、お互い少し前向きになれます。

もう謝罪も済んでいるので、後はこれから どんな未来を2人で歩んでいくかを話しましょう。

例えば倦怠期にならないために、これからどうしていくか決めたり、あなたが結婚を考えているなら、結婚を前提に付き合ってほしいと、宣言してもいいと思います。

2人の明るい未来を想像させて、彼女の気分を盛り上げましょう。

 

Feelフィール

2. まとめ

いかがでしたか。

彼女と倦怠期になったら、しっかり話し合うことの大切さが分かったと思います。

結婚を考えるくらい、真剣に彼女と付き合っていて、倦怠期になったのなら、なおさら話し合いは必要です。

なあなあにして話し合わず、時間が解決してくれると思っていたら、確実に別れを告げられます。

今回解説した5ステップのおさらいです。

 

倦怠期を話し合いで解消する5ステップ
  • 倦怠期が嫌だとハッキリ伝える
  • 自分たちがなぜ倦怠期になっているか話し合う
  • 彼女に共感し否定しない
  • 自分が至らなかったところ謝罪する
  • 未来の話をする

 

この5ステップ通りに実践することで、倦怠期の話し合いはスムーズに進み、解決できます。

Feelフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。