嫉妬の原因3選!まさか幸せホルモンのオキシトシンが原因の場合も

こんばんは!tekawoです。

この記事では恋愛で彼女に 嫉妬してしまう原因3つを紹介します。

 

「彼女に嫉妬してしまう…」

あなたは彼女に、嫉妬していて悩んでいませんか?

嫉妬は少しなら恋愛にスパイスになりますが、いき過ぎると彼女とあなたに多大なストレスがかかります。

あなたが嫉妬しすぎて、彼女が耐えられなくなり破局したカップルなんてめちゃくちゃいるんです。

大好きな彼女なのに、嫉妬が原因で別れるなんて悲しすぎますよね。

この記事では、そんなあなたのために、 嫉妬の根本的な原因3つを解説していきます。

1. 嫉妬の原因

例えば彼女が、学生時代の同窓会に出席したとして、あなたは「もし誰かが彼女に色目を使って、彼女が浮気したらどうしよう…」と不安になると思います。

嫉妬深い性格の男性ほど、ネガティブに考えてしまうでしょう。

でも彼女が浮気をするかは分かりません。

このように嫉妬は、彼女の気持ちが自分に向いてないことで起こり、まだ起きていない未来を勝手に心配していることでさらに不安が増すのです。

次の項目では、嫉妬してしまう原因を詳しく解説していきます。

 

1.1 自信がない

嫉妬と自信のなさは、切っても切れない関係です。

自分よりも優れた容姿で、しかも学歴や年収まで良い男性が、自分の彼女と楽しそうに話していると、あなたはとても心配になるでしょう。

なぜなら自分よりも優れている男性に、彼女を取られるかもしれないと考えてしまうからです。

自信さえあれば、それくらいのことでは嫉妬しなくなります。

 

※自信がない…でも嫉妬を乗り越えたい!そんなあなたはこちら!

 

1.2 彼女が好きすぎる

彼女が好きすぎると、嫉妬の原因になります。

なぜなら彼女が自分の所有物のような感覚になり、少しでも彼女が自分の思い通りにならないと、感情をコントロールできなくなるからです。

結果的に彼女にめちゃくちゃ嫉妬して、罵声を浴びせたり暴力を振るったりすることもあります。

ここで問題なのが、彼女が自分の所有物のような感覚になることです。

脳科学的な見解によると、オキシトシンという物質が過剰に分泌されて、それが嫉妬の原因になっていると言われています。

補足

オキシトシンは愛情ホルモンとも言われていて、抱き合うこと、キス、出産などで分泌される脳内物質です。他者に対して愛情、仲間意識が強くなります。オキシトシンが大量に分泌されると、つまり彼女への愛情がすごく強くなり、自分の所有物のようになり、酷い場合、自分の体の一部のように考えてしまうこともあります。自分の体の一部が思い通りにならないと、精神的に不安定になりますし、彼女を罵倒したり暴力を振るったりしてしまうのも無理はありません。それくらい、愛と嫉妬は紙一重ってことです。

※自分の感情をうまくコントロールして、嫉妬深さを改善させたい方は読んでください。

 

1.3 プライドが高い

あなたが プライドの高い人間だと、嫉妬の原因になります。

彼女が会社の飲み会に行くと言ってから、はや2時間。

時刻は0時を回っていて、毎日連絡を取っているのに、今日は一向に連絡が返ってこない。

こんな状況になってもプライドが高い男性は、嫉妬していると彼女に思われたくないから、心配する素振りは見せないでしょう。

でも待っている方は結構辛いものがありますよね。

彼女のことが心配になりますし、もしものことがあったらと考えると、頭が真っ白になります(経験ありますw)

このように 我慢し続けていることが、反動になって強い嫉妬心を抱いてしまうのです。

 

2. まとめ

嫉妬の原因3選、いかがでしたか。

3つとも嫉妬してしまう経緯が違っていて、あなたが今彼女に嫉妬しているなら、どれかに当てはまると思います。

 

嫉妬の原因3選!
  • 自信がない
  • 彼女が好きすぎる
  • プライドが高い

 

この3つに心当たりがあるなと思ったら、彼女への対応を一度見直してみましょう。

 

※このまま嫉妬し続けてしまうかもしれない。そんなことに絶対なりたくない人はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。