挿入を痛がる彼女。アソコは十分に濡れているのになぜ?

こんばんは!tekawoです。

彼女とエッチをしていて、前戯はしっかりとやり尽くしてアソコもすごく濡れているのに、挿入になると彼女が痛がる。

あなたはこのような経験したことありませんか?

なぜ十分すぎるくらいに濡れているのに、痛がるのかなと僕は不思議に思っていました。

 

実は挿入のときに、彼女が痛がるって経験をしている男性は多いです。

ただ男性は、自分の技術不足とか性器が大きいから痛いなどと思いがちで、本当の原因はよく理解していません(僕も最近まで全然理解していませんでした汗)。

挿入時に彼女のアソコが痛む原因と、解決方法を知ることで、彼女からの信頼感も高まりますし、あなたと彼女の絆より強いものになります。

あなたが彼女との関係を真剣に考えていて、結婚も視野に入れているなら、必ず理解しておいた方がいいです。

この記事では、彼女が挿入したときに痛がる原因を詳しく解説し、その解決方法をご紹介します。

1. なぜ挿入が痛いか理解していて良かったこと

彼女に 挿入が痛い原因は、子宮に少し問題があったからなんだと聞かされたときから、彼女と一緒にどうすればいいのか考えました。

挿入がなぜ痛いのかよく理解してからは、自分にはこんな変化がありました。

なぜ挿入が痛いか理解して良かったこと
  • 彼女をいたわる気持ちになれる
  • 何でも話せるようになる
  • エッチでしてほしいこと、嫌なことを言い合える
  • 前よりもより仲が良くなった
  • 前戯の技術が上がった
  • 女性の体をよく調べるようになった
  • 2人の将来を話し合えた
  • デートを工夫しようと知恵を出し合った

今思い浮かぶだけでも、結構あります。

女性の体をよく調べるようになったとか、マジキモイって引かれそうですけど、知っておいて損はないです(笑)

特に良かったのは、何でも話せるようになったのと、前よりももっと仲良くなったことです。

挿入が痛いと言われて、もうエッチできないじゃんなんて男性は思わず、これからどうするか真剣に話し合うことで、彼女はあなたを信頼しますし、より固い絆で結ばれます。

あなたがもし、彼女に挿入が痛いと言われて、途中でやめられても優しく抱きしめてあげましょう。

2.1 挿入が痛い原因

挿入が痛い原因は、一つだけではありません。

この記事で、いくつか原因があるんだな、と感じてもらえればと思います。

挿入時に痛いなと感じる代表的な理由は、以下の通りです。

挿入が痛い原因
  • 子宮内膜症
  • 精神的な問題
  • 膣の入り口が狭い

彼女のアソコが濡れていたとしても、これらが原因で挿入されると痛みを覚えてしまいます。

それぞれどのようなものなのか、1つずつ解説していきます。

2.1 子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内側以外の場所に、子宮内膜組織ができてしまい、増殖してしまう症状です。

生理のたびに、子宮の内側以外の内膜組織も剥がれ落ちるので、体外に排出されません。

これが問題で、そのまま剥がれ落ちた子宮内膜組織は体内に残り、炎症、癒着などを引き起こして、症状が進むと強い痛みが出ます。

挿入のとき、子宮内膜症が原因で痛むことがあります。

人によって違いますが、挿入されて奥に当たると痛んだり、ピストン中に痛んだりと様々です。

彼女が「最近生理痛ひどいんだよね」とか、「挿入のとき痛い」と言ってきたら、子宮内膜症かもと疑ってみましょう。

男性も子宮内膜症を正しく理解しましょう
子宮内膜症ってどんな病気?|子宮内膜症 – Mochida
※参考文献

2.2 精神的な問題

精神的な問題で、挿入が痛いと感じる場合があります。

過去に性的な暴行を受けていたり、エッチを汚いことだと刷り込まれて育てられたりすると、エッチ自体が嫌になります。

我慢して彼氏のエッチに付き合っている場合もあって、そういう時は、彼女もエッチを気持ちいいものだと感じていないので、不安そうな顔をしています。

彼女自身がエッチを良いものだと感じているか、よく観察しましょう。

嫌だなと感じると、反射的に膣の入り口を閉じて、膣の入り口が狭い状態で勃起した男性器を挿入することになりますから、当然痛みが出るのです。

2.3 膣の入り口が狭い

膣の入り口が狭いと、挿入時に痛みます。

生まれつき、膣の入り口が狭い場合もありますが、エッチや自慰行為を長い期間しないでいると、筋肉が萎縮して膣の入り口が狭くなり、濡れていても狭くて痛くなるのです。

カップルで同棲せずに、週末にお泊りデートをしているなら、エッチをしない期間はほどんどないと思いますが、同棲中や関係がマンネリ化しているカップルなら、話は別です。

エッチをしなくなって、膣の入り口が狭くなる可能性はあります。

3. 挿入が痛い彼女を病院へ連れていきましょう

十分にアソコが濡れているのに、挿入で彼女が痛がる場合の解決方法は、病院に行くしかありません。

通販で売られている妙な薬なんか買うよりも、絶対に病院に行く方がいいです。

男としてできることは限られていますが、もし彼女が重い生理痛に悩んでいて、なおかつ挿入時に痛いと言っていたりなど、彼女の反応を見逃さず、病院に行っていないのなら、彼女を病院に連れて行きましょう。

4. まとめ

あなたがエッチに探究心があるなら、前戯も挿入も大好きだと思います。

前戯を入念に行うと、濡れ具合も良くなりますが、挿入が痛い原因を抱えていると、濡れていても痛くなります。

そして、覚えておいてほしいのが、挿入の痛みを解決するには、とにかく病院に早く行くことです。

彼女が気づいていなかったら、あなたがすぐに病院に連れていくか、病院に一緒に行くことを彼女が気まずいと言ったら、途中まで付き添うとか、彼女の家で待っておくなど、なるべく一緒にいるようにしましょう。

そして、彼女の話を聞きましょう。

挿入の痛みはすぐに治ることはありません。

根気よくあなた自身も、彼女に寄り添って、時には性欲を抑えないといけない場面もあるので、それをよく理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。