【必見!】倦怠期になっても別れないためには

Feelフィール

こんばんは!tekawoです。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

この記事では、倦怠期になっても別れないためにはについて解説していいきます。

 

長く付き合っていたり、同棲しているカップルには、倦怠期が訪れます。

この倦怠期が原因で、別れることがたくさんあるのです。

 

倦怠期に陥っていて、あなたが別れたいと思ったとしても、好きで付き合った彼女ですよね?

いずれ、大きな後悔が生まれます。

そうならないために、この記事を読むことで倦怠期で別れないようにすることができます。

1. 倦怠期とは

まず倦怠期にになる理由を詳しく解説しましょう。

 

倦怠期は、彼女に対して慣れ過ぎてしまった、飽きてしまったと感じ、嫌になってしまう感情です。

お互い慣れ過ぎてしまって、付き合った当初の気持ちがなくなり、冷めてしまうのです。

 

この倦怠期は非常に厄介で、本当に大好きだったのに一気に嫌になってしまうのです。

 

それでは、倦怠期にならないためにはどうすればいいのか、解説していきます。

1.1 自分たちの関係の問題や自分の気持ちを紙に書き出す

なぜあなたと彼女が倦怠期になってしまったのか、紙に書き出して理由を探っていくという手段があります。

例えば、彼女が会う時に化粧をしなくなり、おしゃれもしなくなって、トキめかなくなった。というのが、あなたの中で嫌だなと思ったら、紙に書いてください。

 

自分が思いつく限り書いていくのです。

書き出したら、彼女に問題がある場合と自分の気持ちが問題になる場合があると思います。

  • 彼女が会う時、化粧をオシャレをしなくなった
  • 彼女が自分よりも、他の用事を優先する
  • 単純に冷たくなった

これらは、彼女の行動に問題がある場合です。

  • 嫉妬に疲れた
  • 付き合うのに疲れている
  • 他の女性と比べてしまう

これらは、自分の感情に問題がある場合です。

書き出してみて、彼女に改善してもらいたいことをしっかり伝えましょう。そして、自分が改善するべきところも、しっかりと謝罪して改善することを伝えましょう。

お互い本音で語ることで、二人の関係がもっと良くなります。

1.2 一定期間、距離を置いた

倦怠期の間に会っても、楽しくありません。

だから、一定期間、距離を置いてみましょう。

お互いが、好きなことをやり、無理に会おうとせず会いたくなるまで待ってみてください。

距離を置くことで、今どうしてるかなとか、ちゃんとご飯食べてるかなとか、相手のことを考える時間が増えます。

そうすれば、彼女への思いが溢れ出てきます。

 

ただ、ここで冷めたと思わない方がいいです。

そのままフェードアウトする、ということだけはしないでください。

これをすると、どちらかが必ず傷つきます

片一方だけが倦怠期を向かえていて、もう一人は全然好きなまま、という場合に距離を置いて、そのまま別れると必ずストーカーになったり、執念深く相手に粘着したりします。

一定の距離を置いて、そのまま別れることだけは絶対にやめてください。

 

距離を置いていても、しっかりと相手のことを思ってください。

そして、距離を置いた後、しっかりと連絡を取ってあげてください。

1.3 今までの思い出を振り返ってみる

倦怠期になってしまった時に、今までの思い出を振り返ることは非常に有効な手段です。

嫌だなと相手のことを思っても、今まで一緒に出掛けて撮った写真や、貰ったプレゼントなど見て、その時の嬉しかった、楽しかったという感情を思い出してください

 

自然と笑顔になれませんか?

とても良い思い出だったなと思えたら、自然と笑顔になってもう一度関係を修復したいと思えます。

ぜひ一度やってみてください。

Feelフィール

2. まとめ

いかがでしたか?

倦怠期になっても、簡単に関係修復を諦めて別れることは、非常に残念なことです。

今の彼女との関係が終わって、新しい彼女が出来ても、いずれまた倦怠期が来て別れてしまうでしょう。

 

要は倦怠期を乗り越えられないと、あなた自身も成長しないということです。

  • 自分たちの関係の問題、自分の気持ちを紙に書き出す
  • 一定期間、距離を置く
  • 今までの思い出を振り返る

 

この3つを意識して、行動してみてください。

あなたと彼女の関係がより良くなることを願っています。

 

この記事を読んだ方は以下の記事も参考にしてみてください。

倦怠期の男性必見!倦怠期の乗り越え方を解説

Feelフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。