【これで阻止できる!】マンネリ化を解決するには

Feelフィール

こんばんは!tekawoです。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

この記事では、マンネリ化を解決するにはについて解説していきます。

 

彼女と付き合いだして、長い月日が経っていたり、付き合いが落ち着いてきたカップルはマンネリ化しやすいです。

マンネリ化が進むと、付き合いが面倒になって最悪の結果、別れということになってしまうかもしれません。

もし、あなたが今マンネリ化に悩んでいるのなら、注意が必要です。

 

マンネリ化が原因で別れないためにも、この記事を読むことで、マンネリ化を解消する方法について理解を深められると思います。

1. マンネリ化とは

まず、マンネリ化とはどのような状態なのか解説していきます。

マンネリは、男女の付き合いにおいて、慣れや新鮮味がなくなり、退屈したり飽きたりすることです。

 

マンネリ化はマンネリが徐々に進行している状態のことをいいます。

このマンネリ化が進行する原因をこれから解説していきます。

1.1 緊張感を常に持つ

付き合いに緊張感がなくなると、一気にマンネリ化が進んできます。

例えば、彼女があなたの前で常にすっぴんでいたり、あなたも髭が生えっぱなしで清潔感に欠けていたら、相手に自分を全てさらけ出している感じが出て安心できますが、段々と女性として、男性として見れなくなってしまいます。

 

すると、だんだん相手のことがどうでもよくなってくるのです。

そこで、緊張感を常に持ちましょう。

いつもとは違う髪型にしてみたり、少しオシャレに気をつけてみたりすることで、彼女はあなたの魅力を再確認できるでしょう。

1.2 付き合いたての頃を思い出す

マンネリ化が進むと、変わり映えのしない付き合いに嫌気がさし、相手のことがどうでもよくなってきます。

そこで、付き合いたての頃を思い出すという方法を実践してみましょう。

 

付き合いたての頃って、本当に心が躍りますよね。

そのころを思い出すことで、マンネリ化を解消することができます。

 

例えば告白した場所に行くとか、始めて旅行に行った場所に再度行くとか、始めてデートした場所に行くとかでしょう。

もしあなたがマンネリ化が進んで、困っているのであれば、ぜひ付き合いたてのころを思い出すような行動をとってみてください。

1.3 「好き」と言ってみる

あなたは彼女のことを大好きと、心の中では思っていることでしょう。

ただ、マンネリ化が進むと好きと伝えることを忘れてしまうことがあります。

なぜなら、付き合いが馴れ合いになってしまって、安心しきっている状態になっているからです。

安心しきっている状態の時は、好きと言わなくても伝わっているだろうと、思ってしまいますからね。

 

だから、もしマンネリ化が進んでいると実感しているのなら、「好き」と伝えましょう。

彼女はふとした時に言われたら、あなたにときめくかもしれません。

ときめくいたら、マンネリ化を解消できるでしょう。

1.4 一緒にいる時間を減らす

毎日一緒にいたり、週末は必ず会っているカップルは、マンネリ化が進みやすいです。

これは、会うことに対して義務感が生まれてしまい、楽しさや嬉しさという感情が少なくなっているからです。

 

だから、このさい一緒にいる時間を減らしてみましょう。

すると、付き合いにメリハリが生まれて、新鮮さが生まれます。

新鮮さはマンネリ化を解消させる、スパイスになりますからね。

 

もし、会う頻度が多いと感じていて、マンネリ化に悩んでいるのなら、一緒にいる時間を減らしてみてください。

Feelフィール

2. まとめ

いかがでしたか?

マンネリ化を解消するには、新鮮さを取り戻す必要があります。

  • 緊張感を常に持つ
  • 付き合いたての頃を思い出す
  • 「好き」と言ってみる
  • 一緒にいる時間を減らす

 

もし、マンネリ化が進んでいるのなら、この4つを実践してみてください。

慣れや飽きというネガティブな感情が吹き飛んで、新鮮さが戻ると思います。

ぜひ、実践してみてください。

Feelフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。