マンネリ化を防止する3つの対策法【2019年3月18日更新】

Feelフィール

こんばんは!

暴走嫉妬マシーンのtekawoです。

 

「最近彼女とデートしても楽しくないな」
「彼女よりも自分の予定を優先させたいな…」

 

この記事はそんなあなたに向けて書いています。

 

マンネリ化ってどんなに仲良しなカップルでもなるってご存知ですか?

どんなに愛し合っているカップルでも、どうしてもマンネリ化はしてしまいます。

なぜなら、彼女との付き合いに慣れてしまいドキドキが無くなるからなんです。

 

マンネリ化すると、他の女性が魅力的に見えて浮気をしたり、付き合っていることに嫌気がさして別れたりしてしまいます。

 

ただ、マンネリ化が原因で別れたり浮気をしたりすると必ず後悔することを覚えておいてください。

僕は2年付き合った彼女とマンネリ化が原因で別れてしまいましたが、時間が経つにつれてこう思ってしまいました。

「あんなに優しくて可愛い彼女を、なんで楽しくないだけで別れようって言ったんだろう…」

失ってから自分にとって大切だったんだなと気付いてしまったのです。

 

あなたがもし今付き合っている彼女との関係が、マンネリ化しているなと思っているのなら、別れを決める前に一度踏みとどまって欲しいです。

 

なぜなら、マンネリ化は必ず防止することができるからです。

この記事を最後まで読み進めてください。必ずマンネリ化を防止することができるようになります

1. マンネリ化するのはなぜか

マンネリ化は、なにげない行動から始まることをご存知ですか?

まずマンネリ化してしまう原因を解説していきます。

男性がやりがちなマンネリ化する行動や思考をまとめてみたので、参考にしてみてください。

 

  • 付き合っている期間が長い 
  • 同棲をしている  
  • 普段から連絡をまったく取らない
  • 毎日連絡をたくさん取る 
  • デートプランがワンパターン 
  • 他の女性と彼女を比べてしまう 
  • 身だしなみを気にしなくなった 

 

  • 「彼女と思えなくなってきたな」
  • 「一人の時間ほしいな」
  • 「(彼女のこと)どうでもよくなってきたかも…」
  • 「なんかめんどくさくなってきたな」
  • 「最近このパターンばっかり」
  • 「あの子の方が可愛いかも」
  • 「まあ、別にいっか」

 

あなたがこれらの行動や思考をしているのなら、カップル間のマンネリ化が進行していると思ってもらって間違いないでしょう。

 

それでは、さっそくマンネリ化を防止する方法を解説していきます。

2. 気持ちを伝えて話し合う

「最近マンネリ化してるな…」

あなたは彼女との関係が、マンネリ化していると感じると、このように感じているのではないでしょうか?

でも、決して「マンネリ化しているよね」と口には出さないはずです。

 

なぜなら、「マンネリ化しているよね」と口に出すことで、喧嘩に発展してしまったり、別れるかもしれないと心のどこかで思っているからです。

 

先ほど解説したマンネリ化しやすい男性の行動や思考は、彼女に対しての不満の現れでもあります。

ただ、マンネリ化の不満はたまり過ぎると、いつか爆発します。

 

適度に自分の不満と、彼女の不満をハッキリ話し合うことで、マンネリ化を防止することができます。

2.1 伝え方の注意点

気持ちを伝えるときの注意点を解説します。

 

例えばあなたが「一緒いても最近楽しくない」と思っている場合、ハッキリそれを言ってしまうと彼女は傷ついてあなたに失望してしまうかもしれません。

 

「私も同じだった」と彼女が言い出して、喧嘩になり別れる可能性もあります。

 

そうならないためにも、あなたは「最近俺と○○ってマンネリ化してると思うんだ」と言って、「二人でマンネリ化しないように話し合おう」と真剣に彼女に伝えてみましょう。

 

「○○と良い関係をこれからも作っていきたいから」と付け加えてもいいでしょう。

 

さっきは「マンネリ化している」って男は口に出さないって言ってたじゃん!!

って怒られそうですが、ここは勇気を出して言ってみてください。

マンネリ化を防止したいという気持ちを伝えないでいると、いつまで経ってもマンネリ化は防止できないからです。

 

 

ポイントは真剣さです。

本当にマンネリ化を防ぎたいと思いながら、言ってください。

あなたの熱意は必ず伝わります。ただ、熱くなって喧嘩口調にならないようにしてください。

Feelフィール

3. 連絡の頻度を増やす or 減らす

連絡の頻度が多すぎるとマンネリ化しやすいですし、逆に連絡の頻度が少なすぎてもマンネリ化しやすいです。

 

連絡の頻度が多すぎると、だんだんメッセージを送ることがしんどくなってきますし、話す内容も薄くなってきます。

連絡の頻度が少なすぎると、気持ちが冷めてきて、相手のことがどうでもよくなってきます。

人間って難しいですよね…

 

もしあなたが、連絡の頻度が多すぎたり少なすぎたりしたら、彼女が苦しんでないか確認するようにしましょう。

 

ちゃんと確認して話し合うことで、不満を解消できますし適度な連絡頻度だと、マンネリ化は防止することができます。

3.1 1日100通以上メッセージを送っていた僕の話

少し僕の経験談を書きます。

 

僕はSNSで1日100通くらいメッセージを当時付き合っていた女性に送っていた時期がありました。

今思い返すと、相当重たい男だなと反省しかありません。

 

100通もメッセージを送っていたのは、彼女が他の男を好きになるんじゃないかとか、自分への気持ちが冷めるんじゃないかと思っていたからです。

 

でも、僕の100通ものメッセージは彼女を苦しめていました。

彼女は「もう連絡取るのしんどいし、しばらく連絡はやめよう」と言ってきたのです。

そして、結局そのまま彼女にフラれてしまいました。

 

「なんかtekawoって器小さいよね」

僕は最後にこう言われて、フラれたんです。この言葉は一生忘れないと思います(笑)

 

ただ、自分のダメだったところをちゃんと自覚して、次に付き合った女性には適度な連絡の頻度で対応することができました。

 

適度な距離とか、適度な連絡の頻度ってとっても大切です。

 

あんまり長く付き合った経験がないなっていう男性は、たいてい彼女との関係が近すぎたり、遠すぎたりしてマンネリ化して別れています。

 

適度な距離、連絡の頻度を意識して彼女と付き合ってみてください。

4. スキンシップと感謝の言葉を忘れない

彼女と一緒にいることが当たり前になってくると、だんだんその状況に慣れてきます。

 

この慣れは、実は安心している気持ちなんです。

安心してしまうとあなたは、彼女は自分から離れていかないと深層心理で思っています

だから、スキンシップしなくなったり、彼女に何かされても「ありがとう」と伝えないようになっていくのです。

 

彼女よりも家族のような感じに近づいてるとイメージしてもらえれば、少し分かりやすいと思います。

長年連れ添った夫婦は、スキンシップや感謝の言葉とても少ないです(特に日本の場合)。

 

もちろん、長年連れ添った夫婦でも例外はあります。

ただ、長年連れ添った夫婦に近い状態になっているのが、マンネリ化だと思うのです。

 

マンネリ化を防止したいのなら、スキンシップと感謝の言葉は、デート中の絶対するようにしましょう。

 

また、同棲しているのなら毎日するのはさすがにしんどいと思います。だから、デートで盛り上がったら、その夜はセックスするなど工夫しましょう。

 

マンネリ化を解消するエッチはこちら! → 【彼女が喜ぶ】エッチのやり方を伝授します!

 

毎日「ありがとう」と伝えるのも、彼女は嬉しく思うのでやってみてください。

5. まとめ

いかがでしたか?

解説させていただいた、マンネリ化を防止する3つの方法を実践するのは結構大変だと思います。

いきなりあなたの性格や行動を変えることは難しいからです。

だから、少しずつでいいです。

 

  • 気持ちを伝えて話し合う
  • 連絡の頻度を増やす or 減らす
  • スキンシップと感謝の気持ちを忘れない

 

この3つを実践してみてください。

あなたと彼女のマンネリ化は防止できて、より良くなると思います。

 

また以下の記事では、マンネリの原因や解決法を違った角度から解説しています。

もし、マンネリの解決方法をもっとたくさん知りたいと思ったら、あわせて読んでみて下さい。

【恋愛専門家が監修!】マンネリ化で恋愛が終わるって本当!?

【これで阻止できる!】マンネリ化を解決するには

【馴れ合いカップル必見!】マンネリを解消するデートとは

【必見!】マンネリを解消させるLINEのやり方

Feelフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身、東京在住、26歳の男です。 今まで6人の女性と真剣に交際し、内4人は自分の嫉妬や束縛が原因で別れを経験。今付き合っている彼女だけは、何としても別れたくない、幸せにしたいと考えています。自分の彼女との付き合い方が適切か考えていて、自分の気持ちの整理も兼ねてこのブログを運営し、読者も参考になればな~というスタンスで記事を書いています。 よろしくお願いします。